防ダニ布団の種類と注意点!購入前に知っておきたい知識!

防ダニ布団の種類と注意点!購入前に知っておきたい知識!

 

ダニ繁殖を防ぐ機能をもった防ダニ布団ですが、実は3種類ありそれぞれ特徴もあるので、簡単にご紹介したいと思います。

 

 

【薬剤加工】

薬剤加工されている防ダニ布団は、布団の中綿やシーツ、カバーなどに薬剤を練り込んだり付着させることでダニを防ぐ布団です。通気性も良く、薬剤はヒトに影響がないようにテストされており安全性は高いです。薬剤が原因でアレルギーが起こることもありません。しかし、注意点としては天日干しをすると防ダニの効果が減っていくので天日干しをしたい方には不向きかもしれません。

 

 

【線維加工】

線維を高密度で織り込むことでダニが侵入できず繁殖することを防ぐ布団です。薬剤を使用していないので薬剤が気になる方には良いかと思いますが、高密度のため多少ムレが起こる可能性もあります。ダニが繁殖しないので死骸などによるアレルギーの発症も抑えられます。

 

 

【防水加工】

樹脂のラミネート加工により防水膜をつくり、ヒトの寝汗やフケなどを通さないことでダニの繁殖を予防する布団です。多少重く感じたり、ムレやゴワゴワ感を感じる布団もあるのでご自身にあった質の良い布団を選ぶことが重要です。

 

 

【まとめ】

一言に防ダニ布団と言っても種類や特徴は様々です。ご自身の生活スタイルや好みに合わせた布団選びとダニ予防が重要です。是非ご参考ください。

 

 

関連記事

 

アレルギー対策に人気がある防ダニ布団の比較ランキング!