毎年梅雨の時期にダニに刺される理由って!?

毎年梅雨の時期にダニに刺される理由って!?

 

ダニが繁殖しやすい条件として、

 

  • 気温25度以上
  • 湿度50%以上

 

というものがあります。

 

ちょうど梅雨の時期なるとこの条件を満たすのでダニが繁殖し、
その結果、人を刺すダニが私達を襲うことになるのです。

 

 

対策するには?

部屋の環境や刺された場所によってことなりますが、
基本となる対処方は以下の通りです。

 

  • 除湿をする
  • エサをなくす
  • 熱処理を行う

 

 

除湿をする

ダニは湿度が低いところは大の苦手です。
刺された部屋に除湿器(なるべく信頼できるメーカー)、エアコンのドライなどで湿度を下げます。

 

また、刺された部屋に押入れなどがある場合は開けて空気の流れを促します。

 

 

エサをなくす

エサとなるホコリや食べかす、皮脂、フケ、髪の毛などを掃除機などで吸引します。
エサをなくすことで予防することにも繋がるので定期的に行うようにしましょう。

 

 

熱処理を行う

ダニは熱に弱いのでアイロンのスチームや熱湯で熱処理を行います。

 

例えば刺された場所が布団でしたら、
当て布を敷き、その上からアイロンのスチームをかけるようにしていきます。

 

また衣類で熱湯に浸しても大丈夫なものは、浴槽に入れて熱湯を注ぎます。
蛇口から出るお湯では死滅するのに時間がかかるので、
沸かしたお湯で一気に駆除する方が良いでしょう。

 

 

以上がダニの駆除方法でした。

 

梅雨の時期に刺されるということは、
湿度が溜まりやすい部屋ということが考えられるので、
除湿機を多用して湿度を逃がす工夫を第一に考えた方がいいかもしれません。

 

 

関連記事

 

刺すダニから守る!防ダニ布団のおススメランキング!